マイナンバー改正法が6月成立困難に。他の重要法案は無事通過するのでしょうか_トレードのヒント

マイナンバー改正法が6月成立困難に。他の重要法案は無事通過するのでしょうか_トレードのヒント

メールの添付ファイルを開いてしまったとかで、年金情報が流出してしまいましたが、その余波がきているようです。


参院内閣委員会は9日の理事懇談会で、マイナンバー法と個人情報保護法の改正案の審議を当面見送ることで合意した。

(略)

個人情報を企業が活用しやすくする個人情報保護法改正案とともに5月21日に衆院を通過し、今月上旬にも参院本会議で成立する見通しだった。

マイナンバー法と個人情報保護法、参院審議を当面見送り 年金情報流出問題で 産経ニュースより 2015年6月9日



TAのイベント投資研究所の検証結果

マイナンバー関連銘柄が下落していました
本日2015年6月9日は、SQ週の火曜日というわけで、日経平均が弱かったのですが、上記引用したニュースの影響で、地合以上にマイナンバー関連銘柄が売られていました。

その一つが、ITbook(3742)です。

ニュースが流れたのは、12時30分前後だったと思いますが、そのあたりから、ITbookの株価の下落速度が大きくなっているのがみてとれます。

 ↓ ↓
マイナンバー改正法が6月成立困難に。itbookのチャート


さて、ITbookは、マイナンバー関連銘柄と言うことで、ここ数ヶ月株価を上げています。
マイナンバー改正法の提出をうけて、さらに株価を伸ばしてきました。

そのため、「マイナンバー改正法案が参院審議を当面見送り」により、下落してしまいました。

当面見送りはいつまでなのでしょうか。

6月は無理だとしても、8月の会期までに参議院を通過し、成立すると予想するのであれば、買いに行くのが正解でしょう。

しかし、成立しないと予想するならば、様子見なのでしょう。

改正法案の行方はわかりませんが、2015年10月からマイナンバー制度が始まることには変わりません。



週株! TAのイベント投資研究所のYouTubeチャンネル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

feedly(RSSリーダー)を使うと、最新記事を自動で簡単に読むことができます。左の緑ボタンをクリック。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

QLOOKアクセス解析