出光、昭和シェルと経営統合へ。日経新聞の記事から7ヶ月後の出来事です_トレードのヒント

出光、昭和シェルと経営統合へ。日経新聞の記事から7ヶ月後の出来事です_トレードのヒント

出光興産が、昭和シェル石油の株式の33.2%を取得すると発表しました。


当社は、本日開催の取締役会において、昭和シェル石油株式会社の株式を、ロイヤル・ダッチ・シェル ピーエルシーの子会社より取得することについて決議し、同子会社との間で株式譲渡契約を締結いたしましたので、下記のとおりお知らせ致します。


ロイヤル・ダッチ・シェルからの昭和シェル石油株式会社の株式(33.3%議決権比率)の取得に関するお知らせ
 出光興産 HPより 2015年07月30日


2014年12月20日、日経新聞が報じたのは、
「出光興産が、昭和シェルに対し、2015年度前半をめどにTOBを実施し、子会社化する」
という内容でした。

なんとなくはあっていますね。

TAのイベント投資研究所の検証結果

TOBイベントは気をもみます
30日の昼の2時くらいに噂が流れたため、昭和シェルの株価が一瞬吹きました。すぐにもとに戻りましたが、正式発表をうけた翌31日は、おそらく上昇するのでしょう。
テレビのニュースでも取り上げられましたから、インパクトは十分です。

ポイントは、上昇の目安となる価格です。

TOBならば、TOB価格にさや寄せするのはわかるのですが、今回は筆頭株主の異動ですから、それがどの程度株価に反映されるのかがわかりづらいです。

せっかくの買いの機会なので、イベント投資家としては参戦したいのですが、いつ撤退すればいいのか不明確だと、難易度が上がってしまいます。

また、うわさの流れた2時から、出光興産の株価が急落したのも、気になるところです。

明日31日は、様子見が無難な投資行動です。



週株! TAのイベント投資研究所のYouTubeチャンネル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

feedly(RSSリーダー)を使うと、最新記事を自動で簡単に読むことができます。左の緑ボタンをクリック。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

QLOOKアクセス解析