半壊決算のマクドナルド。予想通り過ぎて、株価は普通に上昇_トレードのヒント

半壊決算のマクドナルド。予想通り過ぎて、株価は普通に上昇_トレードのヒント

今日はマクドナルド(2702)の決算をみます。


システムワイドセールスは1720億25百万円(前年同期比657億53百万円減少)、売上高は852億81百万円(前年同期比357億18百万円減少)、既存店売上高は27.5%の減少となりました。

平成27年12月期第2四半期連結決算状況
 マクドナルドより 2015年08月12日


全店売上高が-27%だろうが、連結売上高が-29.5%だろうが、連結営業利益が-182億円だろうが、なんの驚きもありません。

月次決算は常に、前年比-20%とかです。

偉大なるマンネリ。

逆に黒字に転換したり、既存店売り上げがプラスになれば、テレビなり新聞なりが大いに盛り上げてくれることでしょう(なぜなら、こうこく(ry)

ずっと前年割れが続いているのですから、月次でプラスになる日も近いでしょう。

TAのイベント投資研究所の検証結果

12月の優待まで時間はありますが
8月12日引け後に発表された四半期決算の数字をうけた8月13日の株価は、寄りから引けにかけて上昇していきました。

面白い現象です。

決算が悪くても上昇したのですから。

12月の株主優待ゲット日まで、まだまだ時間はあります。優待目当てのトレーダーは12月末日まで保有するのでしょうか。
だとしたら、イベント投資するにはやりやすいのですが。

マクドナルドにはこれからもがんばってリカバリーしていって欲しいです。



週株! TAのイベント投資研究所のYouTubeチャンネル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

feedly(RSSリーダー)を使うと、最新記事を自動で簡単に読むことができます。左の緑ボタンをクリック。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

QLOOKアクセス解析