投資トレードのヒント01_不思議探求バラエティーザ世界ワンダーX


こんばんは。TAです。

「さんまのスーパーからくりTV」(22年間続いたバラエティー番組です)の後番組として10月19日日曜日に「不思議探求バラエティー ザ世界ワンダーX」が始まりました。

番組をちらっと見て、すげえな、と。

ブラックマヨネーズ小杉さん(お笑い芸人です)のあご肉のつき具合、ではなく、
「中国のアトランティス。湖に眠る中国古代都市に日本のカメラが初潜入」に。

株主優待マクドナルドの研究
マクドナルド株は勝率88%! これまでの検証結果はココに。

伝説のアトランティス

月刊ムーの愛読者ならアトランティスは当然知っていると思いますが、そうでない方のために。

アトランティスとは、その昔、強大な軍事力を背景に世界の覇権を握ろうとしたものの、ゼウスの怒りに触れて海中に沈められたとされている島と国のことです。

よくわからないかと思います。私もです。

中国のアトランティスとよばれる場所に行くという内容です。

湖に沈んだ都市に潜入……発見ではないのね
具体的には、「湖に眠る中国のアトランティスに日本のカメラが初潜入する」です。

上の一文をよく読むと、

・都市が沈んでいるのは海ではなく、湖である。
・カメラが潜入したのであって、アトランティスを発見したわけではない。
・日本のカメラの中では、初めての潜入であって、世界中で初潜入ではない。

などの情報が得られます。

巧妙に作られた紹介文ですね。

ロマンの香りはどこへやら
中国のアトランティス、古代都市が湖に沈んだのはギリシア神の怒りをかったためではなく、水力発電ダムを造るためであり、政府に沈められたのは1959年です。

ということは、探せば、古代都市の住人に会えるということです。
番組中でも、おじいちゃんにインタビューしていました。

インタビュー後、都市計画の一環で湖に沈められた古代都市の研究者に会いに行っています。
精巧に復元された古代都市の模型を研究者は見せながら、どこが見どころなのかを解説していました。

カメラは湖に向かい、水上ボートに乗り換えます。
最大の観光スポットにピンポイントでダイビング。
水中撮影に日本初成功しました。


番組の素晴らしいところ
たまにテレビ番組を見ると、発見があって面白いですね。

仰々しい演出と、内容の乏しさというギャップが可笑しいですが、やはり、一番の目玉は「そこに宝があるとわかって行く宝探し」でしょう。

どこにあるのかわからない”アトランティス”探しに費用を費やすのでなく、
そこに確実にある”中国のアトランティス”の撮影に金をかける。

素晴らしい。
コストパフォーマンスも抜群です。


私がイベント投資を研究するのも、そこに需要と供給の歪があるからです。
需給バランスが崩れれば、株価は一定の方向に動きますからね。

これまでの検証結果

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

feedly(RSSリーダー)を使うと、最新記事を自動で簡単に読むことができます。左の緑ボタンをクリック。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

QLOOKアクセス解析