2015年9月中旬に向けてIPOラッシュが始まりました。郵政グループの上場が11月4日に控え前倒し傾向?[週株]

2015年9月中旬に向けてIPOラッシュが始まりました。郵政グループの上場が11月4日に控え前倒し傾向?[週株]

動画解説
2015年11月4日、郵政グループが新規上場されます。かなりの規模になるため、市場の資金がそこに流れると予想されます。

こういった事情があるのか、8月下旬から9月中旬に向けて、新規上場する企業が9社あります。

メタップスが色々な意味で話題を振りまいていますが、私が注目している企業は別にあります。

上場日、面白い動きをしそうです。


 ↓ ↓ をクリックして、詳しい情報をゲット!(再生時間、3分8秒)




<余談>
BMI(BodyMassIndex)が20を切りました。

BMIは、体重を身長の”2乗”で割った数値です。
3乗で割るのが理屈にかなっているように思えますが、”2乗”で割る理由は統計的なデータ処理をした結果からです。

小学生くらいまでは、体重を身長の3乗で割ったローレル指数を使います。

小学生ということは身長が小さいはずです。

以上をまとめると、身長が小さい場合は身長の3乗でわり、身長が高くなると身長の2乗で割ると、より正確な値が算出されそうですね。

ということは、身長が低いか高いかで、何乗で割ればいいのかが変わってくるということですね。
逆に言えば、BMIを使うのなら、標準とされる数値が変化します。
つまり、身長が低いほど標準BMIは小さくなり、高いほど標準BMIは大きくなります。

例えば、BMIは22で標準といわれていますが、身長が160cm以下ならば、BMIの標準値は22より小さくないといけなくなります。

ややこしいですね。

日本人のために、身長別標準BMIをつくってくれたらいいのに。



週株! TAのイベント研究所のYouTubeチャンネル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

feedly(RSSリーダー)を使うと、最新記事を自動で簡単に読むことができます。左の緑ボタンをクリック。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

QLOOKアクセス解析