ノーベル賞の季節がやってきました。関連銘柄はもう既に動いています_トレードのヒント

ノーベル賞の季節がやってきました。関連銘柄はもう既に動いています_トレードのヒント

週株!ブログのメインはイベント投資です(ごくたまにテクニカル分析なども扱います)。イベント投資といっても、夕凪さんが得意とする株主優待や立会外分売、公募増資に限らず、株価変動が起こりそうな出来事ならなんでもかんでも検証の対象です。

1年に1回の大きな話題になるイベント、ノーベル賞の発表が迫ってきました。

2015年は、

10月5日月曜日に、医学生理学賞
10月6日火曜日に、物理学賞
10月7日水曜日に、化学賞
10月9日金曜日に、文学賞・平和賞
10月12日月曜日に、経済学賞

以上のようなスケジュールです。


文学賞に注目します。

TAのイベント投資研究所の検証結果

毎年毎年話題になってくれるからこそ、です
ノーベル文学賞といえば、村上春樹さんの名前が毎年あがっています。
関連銘柄として出てくるのが、文教堂グループホールディングス(9978)です。チャートを見ると、面白い動きをしているので、過去のイベント検証にはもってこいの銘柄です。

去年と今年は条件が変わってきています。

今年、文学関連で話題になったことといえば?


芥川賞です。


芥川賞があったためか、すでに株価は動いてしまっています。芥川賞前後のチャートの動きも激しいのですが、8月の中頃(400円弱)から、9月3日(690円)にかけて、急上昇しています。9月8日には413円をつけるのですが、その後も上昇は続いています。


今年は、先回り買いの難易度はあがっています。



週株! TAのイベント投資研究所のYouTubeチャンネル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

feedly(RSSリーダー)を使うと、最新記事を自動で簡単に読むことができます。左の緑ボタンをクリック。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

QLOOKアクセス解析