堀北ショックにvwショック、福山ショック。日経平均が急落するのに理由なんていらないようです_トレードのヒント

堀北ショックにvwショック、福山ショック。日経平均が急落するのに理由なんていらないようです_トレードのヒント

福山ショックでアミューズの株価が下落するのは理解できないこともありませんが、日経平均急落の要因にまでなるのはわからないです。

わからないでは何も変わりませんので、すこし考えます。

アメリカの政策金利引き上げが年内にある予定です。アメリカの金利が引き上げられると、新興国から資金が逃げていくという現象がおこります。

このようなことが思い浮かびます。

私だけでなく、多くの投資家が同じことを考えます。

すると困ったことがおこります。

TAのイベント投資研究所の検証結果

市場参加者の思考が同じ方向
多くの人が無意識に同じことを考えてしまうという状況は好ましいものではありません。それに乗じて、なにかを仕掛けてくる向きが出てくるからです。

つまり、多くの人がなんとなく
「新興国が危ないのではないか」
と思っているところに、新興国の通貨が一時的にでも暴落するようなことがあれば、
「やっぱり、危ない」
新興国から資金を引き揚げるような投資行動を取ってしまいます。
ますます、下落が加速します。

事の発端は通貨の一時的な暴落でした。

一時的な暴落がつくられたものか、自然に発生したものかはわかりませんが、「利上げ」というイベントをきっかけとしたものであることには変わりません。

数年前に、「利上げ」イベントがありました。


過去の事例を振り返れば、どのような投資行動をとればいいのか一つの指針となります。



週株! TAのイベント投資研究所のYouTubeチャンネル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

feedly(RSSリーダー)を使うと、最新記事を自動で簡単に読むことができます。左の緑ボタンをクリック。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

QLOOKアクセス解析