東京ディズニーランド・東京ディズニーシーを運営するオリエンタルランド(4661)、ゲスト数が減少_トレードのヒント

ディズニーランド・ディズニーシーを運営するオリエンタルランド(4661)、ゲスト数が減少_トレードのヒント

人気株主優待銘柄のオリエンタルランドが入園者数のIRを2015年10月1日、場が引けてから出しました。


2015年度上半期(4月1日~9月30日)の東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシーの2パーク合計の入園者数は、14372千人(前年同期比 95.2% 727千人減)となりました。

東京ディズニーランド・東京ディズニーシー 2015年度上半期入園者数(速報)
 オリエンタルランドより 2015年10月01日


9月30日までの入園者数のデータを、10月1日に発表できるのがすごいです。

東京ディズニーランドは夢の国ですので、オリエンタルランドは夢を売っているような商売をしていると思うのですが、意外にもデータオリエンテッドな企業なのですね。

TAのイベント投資研究所の検証結果

引用文にご注意
入園者数は前年よりも5%ほど少なくなっています。その理由として、ワンス・アポン・ア・タイムが2年目を迎えたことや、雨天猛暑の影響があげられています。

1年目は人が集まりやすいのですね。
新しい何かがでてこれば、その年の入園者数は増えそうです、なるほど。

猛暑の日数が減ることはなさそうですが、毎年毎年カレンダーを眺め、晴れの日数をカウントしていけば、雨天の影響を見積もれそうです。

このことはディズニーランドに限らないでしょうから、他の企業でも応用がきくでしょう。

さて、IRにはまだ続きがあります。
上で引用した部分以外に面白いことが書いてありました。


2015年度上半期(4月1日~9月30日)の東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシーの2パーク合計の入園者数は、14372千人(前年同期比 95.2% 727千人減)となりました。

これは上半期としては過去3番目の入園者数となります。


東京ディズニーランド・東京ディズニーシー 2015年度上半期入園者数(速報)
 オリエンタルランドより 2015年10月01日


ゲスト数が5%減ったとなれば大事のようですが、ここ2年の数字が良すぎたために、2015年上半期の数字が悪く見えるだけでした。




週株! TAのイベント投資研究所のYouTubeチャンネル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

feedly(RSSリーダー)を使うと、最新記事を自動で簡単に読むことができます。左の緑ボタンをクリック。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

QLOOKアクセス解析