株式取引を得意とする人たちとの勉強会が終了_トレードのヒント

株式取引を得意とする人たちとの勉強会が終了_トレードのヒント

約4ヶ月に及ぶ株式取引勉強会、第7回HighFaiシステムトレードスクールが終了しました。

先生の講義を生徒が座って聞くだけという勉強会ではありません。
お題に対し、生徒が一人または複数でなにかしらのものを作成し、その後互いの成果物についてディスカッションを行うスクールでした。


正直、かなり大変でした。


直近1ヶ月のブログの更新状況、動画の作成状況がそれを物語っていると思います。


実力はぎゅんぎゅん伸びました。

TAのイベント投資研究所の検証結果

定性トレードと定量トレード
生徒同士がチームを組み、チーム内で課題を設定して、なにがしかの創作物をつくりました。
創作物について、あれやこれやと質問攻めにするのが最終講でした。


これが面白い。


とあるチームは、決算発表日における株価の変動を調べています。
「決算内容などその他の事情を考慮し、決算発表後、株価が上がるのか下がるのか」という決算プレイをするうえで必須の情報です。

また別のとあるチームは、メジャー投資手法について調べています(億単位の資産を築いた有名個人投資家さんは、その手法(オーソドックスな方法ではなく、より洗練させたものですが)を使われています)
メジャーな投資手法がうまくいく条件を導き出していました。
その手法で億単位の資産を作ることが出来た理由が判明しました。

とあるチーム(私が所属したチーム)は、某情報源の影響力について調べています。
影響力が強ければその情報源の反対のポジションを作ればいいし、逆に影響力が弱ければその情報源と同様のポジションを作ればいいのです。
結果は、妥当なものでした。


決算プレイを調べるには膨大なデータと仮説検証能力が必要です。
メジャー投資手法については調べてみようと考えたことすらありません。

私一人では到底得られない成果があっただけでも、スクールに参加した意味はありました。


いえ、具体的な成果よりも、以上のような成果物をつくることのできるトレーダーと知り合えたことのほうが価値があります。

トレードの世界はひとりぼっちが当たり前、他人のことにかまっていられるほど余裕はありません。
仲間がいるだけで優位に立てます。仲間が優れた技術をもっていると、ますます有利になります。



長々と話してきましたが、トレードスクールで実力が上がったので、週株!blogもより学びのあるものになる予定です。

お楽しみに。



週株! TAのイベント投資研究所のYouTubeチャンネル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

feedly(RSSリーダー)を使うと、最新記事を自動で簡単に読むことができます。左の緑ボタンをクリック。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

QLOOKアクセス解析