スタバ株は1月に買え!などイベント投資関連書籍は数が少ないので、バリュー投資関連書籍を読んでみた_トレードのヒント

スタバ株は1月に買え!などイベント投資関連書籍は数が少ないので、バリュー投資関連書籍を読んでみた_トレードのヒント

夕凪さんがネーミングした(?)イベント投資は、認知度に関してはバリュー投資に及ばないようです。

イベント投資関連書籍は、夕凪さんの「スタバ株は1月に買え!」やv-com2さんの「昇格期待の優待バリュー株で1億稼ぐ!」などが有名です。
海外、アメリカの翻訳本がなかなかお目にかかれません。

一方、バリュー投資については、多くの書籍が出版されています。
こちらのほうが、適用範囲が広いですからね。
ただ、それだけライバルも多くなってきます。

バリュー投資本の1冊を手に入れ、熟読していました。
(「数回前にblogで取り上げた」のとは違うものです)

TAのイベント投資研究所の検証結果

イベント投資のパフォーマンスのよさもいつまでかはわかりませんし
書籍のタイトルはあげませんが、バリュー投資について調べるとすぐに見つかる有名なものです。

ざっくりと書籍の内容をまとめますと、有効なファクタは極わずかしかないというものでした。
具体的には、割安株のパフォーマンスはいい、小型株のパフォーマンスはいい、などです

ただ、小型株効果を享受しようとするとかなりの困難が発生します。
どの株が値上がりするかわからないから全部買わないといけないという困難さもありますし、また別の問題もあります(詳しくは書籍を参照してください)。

読めば読むほど、個別銘柄への投資は無謀に思えてきます。

とはいえ、全体への投資、例えばETFの購入も優れているわけではないと結論づけています。

自分がダメなら、他人に任せてはどうかとも思いますが、アクティブファンドマネージャーの成績は偶然によるところが大きいと書かれては、ファンドを購入することもできません。


株式投資で利益を上げることを諦めた方がいいのでしょうか。


この書籍には、他では見られない際だった特徴があります。

その点こそが、突破口になると考えています。



週株! TAのイベント投資研究所のYouTubeチャンネル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

feedly(RSSリーダー)を使うと、最新記事を自動で簡単に読むことができます。左の緑ボタンをクリック。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

QLOOKアクセス解析