ロックフィールド(2910)の株主優待は、おそうざい券です(権利確定月が4月銘柄)

ロックフィールド(2910)の株主優待は、おそうざい券です(権利確定月が4月銘柄)

「株主優待投資(イベント投資)に優位性はあるのでしょうか?」
で始まる優待検証シリーズの4月編を始めます。
※ 2月編は「あさひ(3333)の株主優待は、お買い物券です」から、3月編は「デサント(8114)の株主優待は、オンラインショップ商品の割引券です」からスタートしています。

4月に権利が確定する銘柄をランダムに抽出していきます。
1ヶ月後にデータ検証をします。

3銘柄目は、ロックフィールド(2910)です。

週株! TAのイベント投資研究所

銘柄のステータス
株式会社 ロックフィールドは、惣菜の製造・販売をおこなう会社です。岩を販売しているわけではないのですね。社長の姓である岩田が社名の由来だそうです。

企業サイトの「大切にしていること」を引用します。


安全・安心を最優先に、日本人をもっともっと健康で元気にしたいと願うロック・フィールド。
私たちはサラダで未来をひらく、ミライ・サラダ・カンパニーです。


大切にしていること
 ロックフィールドHPより

ロック・フィールドの旗艦ブランドはRF1で、サラダを中心とした総菜を展開しています。

サーモントラウトとアボカドのサラダ生春巻きや、海老まるごとのサラダ生春巻きを買ったことがあります。確かに野菜がうまかった。


ロックフィールドの権利確定日は、4月29日です。
権利付最終日は、2016年4月25日月曜日となります。

株主優待の内容は、以下の通りです。
ロックフィールド(2910)の優待内容(2016年01月22日現在)
必要株数 優待内容
100株以上 1000円分のおそうざい券
300株以上 3000円分のおそうざい券
500株以上 5000円分のおそうざい券
1000株以上 10000円分のおそうざい券
2000株以上 15000円分のおそうざい券
3000株以上 2000円分のおそうざい券
4000株以上 25000円分のおそうざい券
5000株以上 30000円分のおそうざい券
おそうざい券は4月のみです。
4月優待として、会社説明会に参加できる権利があります(80名。超過の場合、抽選。東京までの往復交通費は自腹です)。

10月優待もあるのですが、こちらは静岡ファクトリー見学会となっています(80名。超過の場合は抽選。静岡までの往復交通費は自腹です)。

狙うとしたら4月だけでしょう。


次は、利回りと売買最低代金等です。
ロックフィールド(2910)のステータス(2016年01月22日現在)
利回り 売買最低代金 時価総額 市場 PER(予想) PBR(実績)
1.56% 287900円 385億円 東証一部 29.0倍 1.58倍
1.5%以上の利回りはそこそこですが、優待利回りが0.5%を下回っているため、総合利回りは2%未満です。
1月は日経平均は負けっぱなしだったのですが、この銘柄のPER・PBRともなかなか高いですね。
優待人気がうかがえるような数値です。

次は業績をみてみましょう。
決算短信から
決算短信からもデータを抜き出します。

2年分の四半期ごとの売上と利益です。単位は百万円です。
ロックフィールド(2910)の売上利益(2016年01月22日現在)
決算期 売上 営業利益 経常利益 純利益
2016 2Q 12199 510 519 324
1Q 12073 378 384 219
2015 4Q 11849 485 488 330
3Q 13368 887 895 558
2Q 11889 304 303 113
1Q 11771 300 321 184
2014 4Q 11562 333 341 176
3Q 13411 746 745 438
四半期ごとの傾向はなさそうです。
年間の売上が時価総額を超えていますね。

各四半期において、どの程度変化したのかを計算します。
ロックフィールド(2910)の売上利益変化率(2016年01月22日現在)
決算期 売上変化率 営業利益変化率 経常利益変化率 純利益変化率
2016 2Q 2.6% 67.8% 71.3% 186.7%
1Q 2.6% 26.0% 19.6% 19.0%
2015 4Q 2.5% 45.6% 43.1% 87.5%
3Q -0.3% 18.9% 20.1% 27.4%
売上の変化率は小さいですが、プラスです。
利益変化率が素晴らしいですね。


キャッシュフローの状況を見ます。
ロックフィールド(2910)のCF(2016年01月22日現在)
決算期 営業CF 投資CF 財務CF
2015 4Q 3223 -568 -914
2014 4Q 2162 -1356 -1086
営業CFの範囲内で投資をしているようですので、問題はないのではないでしょうか。財務CFもマイナスですしね。


業績指標を計算します。

ROAは、総資産に対する経常利益の占める割合です。単位は、%。

アクルーアルズ(会計発生高)の計算式は、会計利益 – 営業CF です。アクルーアルズが大きいということは、現金化されていない利益が計上されていることをあらわします。
ロックフィールド(2910)の業績指標(2016年01月22日現在)
決算期 ROA アクルーアルズ
2015 4Q 6.8 -2018
2014 4Q 5.9 -1154
ROAもよくなっています。アクルーアルズもマイナスです。変なことはしていなさそうです。


優待利回りはよくありませんが、おそうざい券はよさげな感じがします。1000株までなら、100株の場合の優待利回りと同じですから、ある程度資金を突っ込みやすくなっています。

と、いうことは?


上記情報が参考になれば幸いです。


※権利確定月が4月の株主優待銘柄をランダムに選んでいます
※取り上げた銘柄については、買い推奨も売り推奨もしていません
※投資は自己責任でお願いします


ロックフィールド(2910) メモ(2015年01月22日現在)
F1 F2 F3 F4 F5 F6 F7
1 0 1 0 0 0 Y


週株! TAのイベント投資研究所のYouTubeチャンネル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

feedly(RSSリーダー)を使うと、最新記事を自動で簡単に読むことができます。左の緑ボタンをクリック。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

QLOOKアクセス解析