2%の「物価安定の目標」と「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」

2%の「物価安定の目標」と「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」

2016年1月28、29日の政策委員会・金融政策決定会合において、「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」の導入を日本銀行は決定しました。


1.日本銀行は、本日、政策委員会・金融政策決定会合において、2%の「物価安定の木曜」できるだけ早期に実現するため、「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」を導入することを決定した。

今後は、「量」・「質」・「金利」の3つの次元で緩和手段を駆使して、金融緩和を勧めていくこととする。


「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」の導入
 日本銀行より 2016/01/29

日中は場をみることができないため、どれほどの混乱があったのかはチャートをふりかえるしかありません。
発表直後に、日経平均は前日比+597円、すぐに-274円まで下落し、その後は高値で引けて行きました。

マイナス金利の導入をあらかじめ予想し、どこに資金が向かうのかを考えておかなければ、
当日はうまく立ち回れなかったでしょう。
週株! TAのイベント投資研究所

Googleで検索すると、「マイナス金利 預金」がサジェスチョンされる
マイナス金利策を導入されることになりましたが、預金にマイナス金利が適用されるわけではありません(おそらくテレビのニュースでその旨が解説されているかと)。

民間の金融機関は、日銀に当座預金口座を持っています。日銀当座預金には、原則利息がつきません。ただ、預け入れなければならない金額を超過した部分については、利息がつきます。
今回の発表で、日銀当座預金の一部にマイナス金利が適用されることとなりました。

「一部」がどの程度のインパクトなのかはよくわかりません。しかも、もし金融機関が日銀当座預金の代わりに現金を保有すれば、マイナス金利の効果が減じてしまいます。劇的な効果が見込めるものなのでしょうか。
日銀HPに資料があったので、関係がありそうな部分を引用します。


Q5.マイナス金利は何%まで可能なのか?

A.マイナス金利の問題点としては、
(略)
②金融機関が、マイナス金利の中央銀行当座預金の代わりに、金利ゼロの「預金」で保有すると、マイナス金利の効果が減殺される
(略)
②の可能性を塞ぐために、金融機関の現金保有額が大きく増加した場合は、その増加額を当座預金でゼロ金利が適用される部分から控除し、マイナス金利がかかるようにした。


本日の決定のポイント
 日本銀行より 2016/01/29

現金で保有しても無駄だよと言っていますね。

日銀は二つの策を手にしています。
  一つは、追加緩和策、
  一つは、マイナス金利の引き下げ
ECBがマイナス金利を導入したときのことを思い出せば、今後日銀から追加緩和策が発表されると株価は反応しそうです。

逃げ場を提供するだけに終わらなければいいのですが。



週株! TAのイベント投資研究所のYouTubeチャンネル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

feedly(RSSリーダー)を使うと、最新記事を自動で簡単に読むことができます。左の緑ボタンをクリック。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

QLOOKアクセス解析