株式投資でのマネーマネジメントとナンピン買い

株式投資でのマネーマネジメントとナンピン買い

「とある銘柄を買ったが、思わぬ事態があらわれ、株価が値下がりしてしまった。取得単価を引き下げるために、さらに株を買い増そう」
というのが、ナンピン買いです。

特に「個人投資家は、ナンピン買いはしてはならない」
と言われます。

なぜでしょうか。

週株! TAのイベント投資研究所

マルチンゲール
ナンピン買いを繰り返すと、取得単価はどんどん下がっていきます。

例えば、1単位株を10万円で買ったとします。値下がりして、8万円になったところで、1単位株を追加取得すると、

(10万円 + 8万円) / 2単位株 = 9万円

始めは10万円だったのが、9万円に下がりましたね。
もし、株価が上昇し1単位株で9万円を超えていけば、利益になります。
当初の10万円を超えなくても利益になるわけです。

株価が下がる度に、ナンピン買いを繰り返すと、取得単価もどんどん下がります。一番始めに買った価格まで戻らなくても、利益になります。


一見良いことずくめのように思えますが、大きな問題点があります。


ナンピン買いには限度があるという点です。

株価が安くなる度に買いを入れるのですから、買うための資金が必要になります。資金には限りがあるために、途中でナンピン買いをやめなければならないときがきます。


では、ナンピン買いをやめるとどうなるのでしょうか。


株価が取得単価を超えなければ、損失になります。
しかも、ナンピン買いをすればするほど保有株数は増えますから、損失も大きくなってしまいます。
いままで見たことのないような損失を食らってしまうのです。


そのため、「個人投資家は、ナンピン買いをしてはいけない」と言われます。


負けている場合の資金の追加投入(ナンピン買い)がダメということは、一度に大量の資金を突っ込みすぎるのもやめた方がいいということになりそうです。


投入資金が多いと、負けた場合に相場に戻ってこれなくなる。
少ないと、勝ってもたいした利益にはならない。


投入する資金はどの程度がちょうどいいのでしょうか。


これに対する一応の答えが存在します。



週株! TAのイベント投資研究所のYouTubeチャンネル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

feedly(RSSリーダー)を使うと、最新記事を自動で簡単に読むことができます。左の緑ボタンをクリック。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

QLOOKアクセス解析