ツカダ・グローバルホールディング(2418)の株主優待は、レストラン等の飲食代金割引、または、ホテルの宿泊料金の優待割引券です(権利確定月が6月銘柄)

ツカダホールディングス優待


「株主優待投資(イベント投資)に優位性はあるのでしょうか?」

6月に権利が確定する銘柄をランダムに抽出していきます。
1ヶ月後にデータ検証をします。

4銘柄目は、ツカダ・グローバルホールディング(2418)です。
持ち株会社制です。
社名からはどんな事業を営んでいるのか想像しにくいですね。

週株! TAのイベント投資研究所

銘柄のステータス
株式会社ツカダ・グローバルホールディングは、ウエディングサービスをトータル的に提供する総合ブライダル企業です。
そのほかに、ホテル事業、海外事業、ウェルネス&リラクゼーション事業等、範囲は拡大しています。

企業サイトの「社長メッセージ」を引用します。


婚礼事業の拡大だけではなく、ホテル事業の積極的かつグローバルな展開を通じて、「世界最高のおもてなし企業」へと、新たな成長を開始することを意味しています。


トップメッセージ
 ツカダ・グローバルホールディングHPより

目下事業を拡大中といったところですね。後で見ますが、売上は順調に伸びています。

事業内容がウエディングサービス・ホテルなどですから、様々な意味で優待が期待できそうです。

ツカダ・グローバルホールディングの権利確定日は、6月30日です。
権利付最終日は、2016年6月27日月曜日となります。

株主優待の内容は、優待割引券とクオカードです。
ツカダ・グローバルホールディング(2418)の優待内容(2016年03月18日現在)
必要株数 優待割引券 クオカード
100株以上 レストラン又はホテル宿泊料金割引券1枚 500円分
200株以上 レストラン又はホテル宿泊料金割引券1枚 1000円分
レストランかホテル宿泊料金のどちらかにしか使えません。

レストランの場合は、施設により20%か30%の割引が受けられます。1枚につき、5人までは使用可能です。使用条件が結構細かいので確認が必要です。

ホテルの場合の使用条件は上記よりも複雑になっています。優待対象ホテルは、東京都名古屋だけです。

利回りを計算してみましょう。
配当利回りが1.3%程度です。
最低売買代金は7万円程度ですので、クオカードだけですと優待利回りは1.3%程度です(500円が年に2回のため)。
合計で2.5%程度でしょうか。
割引券を併用すると利回りはよくなりますが、使える施設が少ないのが難点ですね。外食チェーン店のように多くの個人投資家が集まってくるとは考えにくいです。


業績はどうでしょうか。
決算短信から
決算短信からもデータを抜き出します。

2年分の四半期ごとの売上と利益です。単位は百万円です。
ツカダ・グローバルホールディング(2418)の売上利益(2016年03月18日現在)
決算期 売上 営業利益 経常利益 純利益
2015 4Q 15929 2557 2574 2049
3Q 13156 1268 1247 834
2Q 13962 1732 1722 1125
1Q 10757 -165 -112 -128
2014 4Q 16898 3880 4025 2703
3Q 11282 545 639 363
2Q 12569 1467 1471 910
1Q 10942 514 573 318
4Qに売上利益とも良くなっています。決算月は12月ですので、10-12月に売上が伸びるのですね。

各四半期において、どの程度変化したのかを計算します。
ツカダ・グローバルホールディング(2418)の売上利益変化率(2016年03月18日現在)
決算期 売上変化率 営業利益変化率 経常利益変化率 純利益変化率
2015 4Q -5.7% -34.1% -36.0% -24.2%
3Q 16.6% 132.7% 95.1% 129.8%
2Q 11.1% 18.1% 17.1% 23.6%
1Q -1.7% - - -
「-」は、前年がマイナスであった(または、データを取得できなかった)ことを意味しています。

Qごとの数値の変化が激しいですね。
2015年の2Q3Qがいいのは、前年の数字が悪かったのも要因です。売上は順調に伸びているのですが、利益が同じように伸びてきていないことは覚えておきます。


優待がすこぶる優れているわけでもなく、利回りがすごくいいわけでもなく、業績がきわめて伸びているわけでもありません。

評価に難しい銘柄です。

明確な買いポイントがないということは ?


上記情報が参考になれば幸いです。


※権利確定月が6月の株主優待銘柄をランダムに選んでいます
※取り上げた銘柄については、買い推奨も売り推奨もしていません
※投資は自己責任でお願いします



週株! TAのイベント投資研究所のYouTubeチャンネル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

feedly(RSSリーダー)を使うと、最新記事を自動で簡単に読むことができます。左の緑ボタンをクリック。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

QLOOKアクセス解析