2016年3月4週の信用評価損益率と日経平均の推移

2016年3月4週の信用評価損益率と日経平均の推移


「パナマ文書」がリークされました。

パナマの法律事務所「Mossack Fonseca」の過去40年にわたる業務内容に関する資料で、リークされた内部文書は1150万件・データ量で2.6テラバイトに及びます。

当の法律事務所はタックスヘイブンでの会社設立を代行していたため、大きな話題となっているのです。

と、
今回はパナマ文書について書こうと思ったのですが、株式投資とあまり関係ないため(いやいやそんなことはないか)、いつものように指標を見ていきます。

信用評価損益率と、投資部門別売買動向個人部門株の売買代金のデータをプロットし、チャート作成します。

週株! TAのイベント投資研究所

指標の更新
先週発表データ(3月3週)と、今週発表データ(3月4週)です。


信用評価損益率 : -10.91% → -10.91%
投資主体別売買動向(個人株) : 1875億円 → -205億円
日経平均(金曜日終値) : 16724円 → 17002円

3月の終わり時点で、売り越しに転じているのはいいことではないでしょうか。個人投資家がうまく立ち回っている感じですね。


グラフを張り付けておきます。

まずは信用評価損益率と日経平均です
(データは正規化しています。2013年1月2週から、2016年3月4週まで)
 ↓ ↓
20160404sinyo


次に投資主体別売買動向と日経平均です。
(データは正規化しています。2013年1月2週から、2016年3月4週まで)
 ↓ ↓
20160404shutai

3月4週になり信託銀行の買い越し額が1831億円となりました。
前週と比較して、10倍の買越額です。
大きく下落したというわけではありませんが、きっちり買いが入ってフィニッシュしたといったところでしょうか。



週株! TAのイベント投資研究所のYouTubeチャンネル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

feedly(RSSリーダー)を使うと、最新記事を自動で簡単に読むことができます。左の緑ボタンをクリック。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

QLOOKアクセス解析