日銀の金融政策は現状維持でした。で、急落したと

日銀の金融政策は現状維持でした。で、急落したと


2016年4月28日木曜日、日本銀行は金融政策決定会合で政策方針の現状維持を賛成多数で決定しました。


1)「量」:金融市場調節方針(賛成8反対1)(注1)
次回金融政策決定会合までの金融市場調節方針は、以下のとおりとする。
マネタリーベースが、年間約80兆円に相当するペースで増加するよう金融市場調節を行う。

(2)「質」:資産買入れ方針(賛成8反対1)(注1)
資産の買入れについては、以下のとおりとする。
①長期国債について、保有残高が年間約80兆円に相当するペースで増加するよ
う買入れを行う。
ただし、イールドカーブ全体の金利低下を促す観点から、金融市場の状況に応じて柔軟に運営する。買入れの平均残存期間は7年~12年程度とする。
②ETFおよびJ-REITについて、保有残高が、それぞれ年間約3.3兆円、年間約900億円に相当するペースで増加するよう買入れを行う。
③CP等、社債等について、それぞれ約2.2兆円、約3.2兆円の残高を維持する。

(3)「金利」:政策金利(賛成7反対2)(注2)
日本銀行当座預金のうち政策金利残高に▲0.1%のマイナス金利を適用する。


当面の金融政策運営について
 日本銀行HPより 2016年04月28日

これまでと変わりないよということですね。
これまでと同じ方針が提案されて、賛成多数だったわけです。

つまり、追加緩和の提案はなかったのですね。

週株! TAのイベント投資研究所

追加緩和の噂の出所はbloombergか?
今回の政策決定会合では追加金融緩和が決定されるのではないかとの期待がありました。期待の蒸留所の一つが、bloombergです。

・「6割近くが追加緩和予想、ETF10兆円追加との見方も-日銀サーベイ
・「日銀:金融機関への貸し出しにもマイナス金利を検討-関係者

両記事とも、2016年4月22日に発表されています。
両記事とも、「日高正裕」記者の記事です。

追加金融緩和の期待で上昇していた日経平均は、追加緩和なしとの発表により急落しました。
追加緩和を煽ったのは誰だよってことで、上記bloombergの記事が引き合いに出されるわけです。

2016年4月28日現在、Googleのサジェストでは、↓ のような結果が返ってきます。
20160428_日高


今回のbloombergの件(今回だけではなく、以前も同じようなことがありました)で学ぶべきは、マスコミ情報をあまり真に受けてはいけないということですね。

どこかで追加緩和があるかもしれない(期待)ので、そのときは逆に利用できそうです。



週株! TAのイベント投資研究所のYouTubeチャンネル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

feedly(RSSリーダー)を使うと、最新記事を自動で簡単に読むことができます。左の緑ボタンをクリック。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

QLOOKアクセス解析