空売り投資家グラウカス・リサーチ・グループが対象とする企業は?

空売り投資家グラウカス・リサーチ・グループが対象とする企業は?


2016年6月28日の記事、
公開情報から企業の不正を見抜くグラウカス・リサーチ・グループが7月から空売り開始か?
続きです。

米グラウカス・リサーチ・グループの投資行動を予測する、すなわち、グラウカスの先回りをするためには、グラウカスの投資行動を知る必要がありますね。
Bloombergから引用します。


 安倍首相の企業統治イニシアチブに加え、東芝や一部の自動車メーカーの不祥事を受けて、今が日本に参入する良い機会だとアーンダール氏は述べた。グラウカスは当初は米国上場の中国企業に注目していた。
日本企業については売り上げや利益を完全に偽装する全面的な不正を見つけようとしているわけではないという。

 日本で「そういうものは見つからない。会計上の問題、損失の処理の仕方などが中心だ。われわれが発見しているのは会計手続きに関するかなり重大な違反だと思う」とアーンダール氏は語った。
  

物言う空売り投資家グラウカス、日本企業に照準-数社を調査
 Bloomberg HPより 2016年06月24日 07:33

二段落目が重要です、いろいろな意味で。

「われわれが発見しているのは会計手続きに関するかなり重大な違反だと思う」
とあります。
「発見している」と書かれているため、会計手続きに関するかなり重大な違反が見つかっているのでしょうか。

この表現はわかりにくいです。

週株! TAのイベント投資研究所

意図的なのか
上記引用した記事のうち、二段落目を再度引用します。


 日本で「そういうものは見つからない。会計上の問題、損失の処理の仕方などが中心だ。われわれが発見しているのは会計手続きに関するかなり重大な違反だと思う」とアーンダール氏は語った。
  

物言う空売り投資家グラウカス、日本企業に照準-数社を調査
 Bloomberg HPより 2016年06月24日 07:33

アーンダール氏が語ったことは、「 」の中のことでしょう、おそらく。
なんとなく

  『日本で、そういうもの(売り上げや利益を完全に偽装する全面的な不正)は見つからない』とアーンダール氏は語った

と読めそうですが、”日本で”という単語は、「 」の中に入っていないため、

  『そういうもの(売り上げや利益を完全に偽装する全面的な不正)は見つからない』とアーンダール氏は”日本で”語った

と読む必要がありそうです(日本でインタビューを受けたということがわかりますね)。

つまり、
  『そういうもの(売り上げや利益を完全に偽装する全面的な不正)』は、グラウカスが投資しようとしている国では見つからないということが言えそうです、Bloombergの記事が正しいなら。

グラウカスが注目するのは、「会計上の問題、損失の処理の仕方」ですので、損失の処理に焦点を合わせれば、似たようなことが……

できる……か ?



※ 突然ですが、
公開情報からストップ高を先回りする方法」を含むサクサク投機工学【通常版】は7月出品分以降、100000円前後に値上げすることにしました。
現在価格(59800円または69800円)での出品は、7月分で最後となります。

 → 「 7月出品分 」(7月1日21時”前後”、リンク先ページをリロードすると、ヤフオクへのリンクがつながります)


週株! TAのイベント投資研究所のYouTubeチャンネル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

feedly(RSSリーダー)を使うと、最新記事を自動で簡単に読むことができます。左の緑ボタンをクリック。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

QLOOKアクセス解析