ほかの違う銘柄を探そう_株主優待検証_アサヒグループHD編03

株主優待検証_アサヒグループHD編03

ビール優待のアサヒグループHD(2502)を調べます。
前回の結果は散々なものでした。
プラスリターンが出ただけ、ましか。

どの程度の数値が出てくるのか不安です。

週株! TAの株式取引研究所のYouTubeチャンネル

新鮮データ優先の法則適用
前回は、2001年12月から、2013年12月までの13レコードでした。
今回は、2007年12月から2013年12月までの7レコードを使用します。

古いデータよりも、新しいデータを優先するのです。

検証方法は前回と同じです。
すなわち、
権利付き最終日の59日前、58日前、57日前の始値に買い(3日間の平均値で買い)、
権利付き最終日当日、1日前、2日前に売った(3日間の平均値で売る)とします。

始値を使うのは、約定可能性を高めるためですね。
実戦投入することを前提としているので。

TOPIX調整しない
さっそく、結果です。

TOPIXで調整しなかった場合、

試行回数 = 7回
平均リターン = 1.4%
リターンの中央値 = 4.5%
勝率 = 57%

あちゃあ。

平均リターンが、2%も悪くなりました。
勝率は、10%のマイナスです。

67%の勝率でさえ、実戦投入はためらわれる数字だったのに、たった57%しかないなんて。

TOPIX調整後
では、TOPIXで調整した場合はどうでしょうか。

試行回数 = 7回
平均リターン = 1.6%
リターンの中央値 = 4%
勝率 = 71%

微妙に悪化です。

平均リターンは、0.3%のマイナス。
勝率は、4%のマイナス。

TOPIXで調整しようがしまいが、結果は同じです。
最近になるほど悪くなっています。


パフォーマンスの違いは何か
日本マクドナルドHDと比べ、どうしてアサヒHDのリターンは悪いのでしょうか。
優待の内容だけではないような気がします。

業績がきいているのでしょうか。
マクドナルドの業績が格別いいとは思えません。

市場の違いでしょうか。
東証一部銘柄とジャスダック銘柄では、投資主体が異なっているため、リターンの違いが出てきそうです。

アサヒグループHDの時価総額が、1.7兆円。
マクドナルドHDの時価総額が、0.3兆円。
時価総額で桁が1つ違うため、パフォーマンスの差がでた要因の一つと考えられます。

ほかにも要因は考えられます。

どのファクタの効きがいいのか。
はっきりすれば、株主優待イベントの攻略はずいずい進み、結構な収益をもたらしてくれることでしょう。

TAの株式取引研究所の検証結果

feedly(RSSリーダー。アプリもあり)を使うと、最新記事を自動で簡単に読むことができます。
 一)https://feedly.com/の右上にある「login」をクリックし、アカウントを作ります
 二)follow us in feedly ←ボタンをクリック。緑色ボタン(+feedly)をクリック。
記事が更新されると、自動的にfeedlyに表示されます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

feedly(RSSリーダー)を使うと、最新記事を自動で簡単に読むことができます。左の緑ボタンをクリック。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

QLOOKアクセス解析