2014年の成績。反省反省反省

2014年の成績。反省反省反省

年間取引履歴なんて、見なければよかったのです。

ただただ、
「あーしなければよかった」
「こーしなければよかった」
「エントリしなきゃよかった」
と、やってしまったことへの反省の言葉しか出てきません。

反省の多い2014年の成績を振り返ります。

週株! TAの株式取引研究所のYouTubeチャンネル

目標未達
2014年はあと少しありますね。

2014年12月25日は権利付最終日ですので、株主優待タダ取りを狙っているのなら、明日、場が開く前に注文をいれておかないといけません。

私は持っているポジションをクローズする気はないので、早めに一人反省会を行います。


2014年の総合成績は、+33%

微妙です。

相場環境はどうだったのでしょう。年末の日経平均を18000円とします。始値は16147円なので、日経平均の上昇率は、+10.3%です。

よって、
+33% – 10.3% = +22.7%

だめじゃん。
目標(月間リターン、+5%。年間リターン、60%)に届かず。

株式取引はいいが、先物取引が足を引っ張りました
総合成績は、+33%でしたが、
株式取引のリターンと、先物取引のリターンを合わせた成績です。

つまり、
株式 + 先物 = 総合( +33% )
ですね。

株式取引のリターンを計算すると、+80%
日経平均のリターンは、+10.7%なので、

結果、+69.7%

ぎりぎり、目標達成です。
2014年に、ほぼ初めて株式取引をしたことを考えれば、まあまあではないでしょうか(以前、株式取引はすこしだけしたことがありました)

さて、
株式 + 先物 = 総合
で、
+80% + 先物 = +33%
より、

先物取引のリターンは、-47%

なんじゃこりゃ。

1年かけてちまちまイベント投資で利益を上げて、先物で一気に利益を吐き出してます(何年も先物取引をやっていているのに)

どうしてこんなに損失が大きいのか、理由もわかっています。
先物のポジションを持ちすぎなのですね。
含み益が出ているときに手放せばいいものを、含み損になってもなかなか手放せないでいるからです。


来年の目標は「先物はオーバーナイトしない」につきますね。
いっそ、「先物はしない」方がいいような気がします。

次は、株式取引で損失を出した個別銘柄で一人反省会です。

だめだった理由はほぼ明確なのですが。

TAの株式取引研究所の検証結果

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

feedly(RSSリーダー)を使うと、最新記事を自動で簡単に読むことができます。左の緑ボタンをクリック。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

QLOOKアクセス解析