イベント投資(株主優待投資)で検証してみたい説明変数(ファクタ)の話_トレードのヒント

イベント投資(株主優待投資)で検証してみたい説明変数(ファクタ)

株主優待投資に組み込んでみたい、検証したい説明変数があります。

データを集めるのに手間がかかるため、ずっと後回しになっています。

ひふみ投信の藤野さんの調査結果では、その説明変数は
「けっこう効く」
のです。

ぜひやってみたい。

データを集めるのに手間がかかるということは、実際に検証する人は少ないでしょうから、もしものにできれば優位性を築くことができます。

TAのイベント投資研究所の検証結果

需給からは遠いところにありそうですが
藤野さんが検証したグラフは、「ほぼ日刊1101」の「どうして投資をするんだろう?」にあります。
ここでは、その一部を引用します。


日本の時価総額上位200位の会社のウェブサイトに社長と役員の写真があるかどうかを調べました。

社長と役員の写真がどちらも載っている会社は49社で、両方とも載っていない会社は7社でした。
残りの144社は、社長の写真だけという会社です。
そして、リーマンショック以降の株価を見てみると‥‥。

社長と役員の写真が載っている会社の株価はリーマンショック後、66%のプラス。

社長だけの写真が載っている会社は、30%のプラス。

どうして投資をするんだろう?より



ほぼ日のグラフを見ると、
社長の写真なし、役員の写真なしの会社のリターンは、7%のプラスでした。


もう一度整理してみましょう。

社長の写真・・・・・・あり、なし
役員の写真・・・・・・あり、なし

写真の有無について考えると、全部で4パターンあります。


社長の写真あり、役員の写真あり → +66%
社長の写真あり、役員の写真なし → +30%

社長の写真なし、役員の写真あり → 存在しなかった
社長の写真なし、役員の写真なし → +7%


うーむ、

この「社長役員の写真」の有無について、一度検証したいです。


と、と、と、と

と。

ここで終わってもよかったのですが。

「社長の写真あって、役員の写真がある会社、すげー」
って、喜んだりはしていませんよね?

「早速金突っ込むぜ」
って、思ったりはしていませんよね?

なにか引っかかった点がありましたよね?


私が気づいたことは、次にyoutubeにアップする動画でお話します。

週株! TAのイベント投資研究所のYouTubeチャンネル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

feedly(RSSリーダー)を使うと、最新記事を自動で簡単に読むことができます。左の緑ボタンをクリック。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

QLOOKアクセス解析