株主優待(イベント投資)検証06_優待新設変更権利付最終日の変更…勘弁してください


株主優待銘柄のパフォーマンスを検証してきましたが、
データ集めが大変でした。

ヤフーファイナンスから手動でデータを打つところから手間でした。

権利付最終日なのに、株価が急落しているうえに、出来高も少ない。一銘柄だけでなく、二銘柄三銘柄と続く。調べると、2009年11月16日から、権利付最終日が1日ずれた、とか。
いちいち打ち直しです。

でも、手動でデータを集めていなければ気がつかなかったことです。
前向きに考えると、深夜のデータ修正作業も役に立った。
うん。
役に立った……よね。

#———

9月の株主優待銘柄の成績は以下でした。

銘柄…………………….リターン, 勝率
モスフードサービス(8153)………3.5%, 90%
アトム(7412)…………………4.4%, 80%
京阪電気鉄道(9045)……………3.9%, 62.5%
王将フードサービス(9936)………2.0%, 40%
梅の花(7604)…………………3.6%, 70%


王将フードサービスは、2014年には9月優待銘柄です。
9月に優待設定したのが、2007年の9月からでした。

2004年2005年2006年のデータを抜いて計算しなおします。

#———

王将フードサービス(9936);

平均リターン…4.5%
勝率………..42%


勝率の低さは変わりませんが、リターンが他の銘柄並みになりました。


全体45レコードの成績は

平均リターン…4%
勝率………..71%

リターンのヒストグラムは以下になります。

sutaba20140927

#———

3か月でリターンが4%。
1年だと、16%。

低いリターンです。勝率もそこそこです。
今回は優待もとっていませんから、現実的なうれしさも小さい

地味
突出するところが何もない。
こんな子、いたの?的な。

でも、「地味」で終わらせていいものでしょうか。

次回は、地味な子に隠された魅力を引き出したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

feedly(RSSリーダー)を使うと、最新記事を自動で簡単に読むことができます。左の緑ボタンをクリック。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

QLOOKアクセス解析