大塚家具(8186)の値動きとニュース_トレードのヒント

大塚家具(8186)の値動きとニュースの関係性


大塚家具の株価が上下に大きく動いています。

事情はどうあれ、ボラティリティが大きいのは歓迎すべきことです。

ニュースと株価の動きの関連性について、私はチェックしています。

TAのイベント投資研究所の検証結果

親子げんかというわかりやすいフレーズ
一上場企業の内紛が、マスメディアのニュースになった主要因は、会長と社長の株式争奪戦にあるのではなく、会長と社長が親子であったことでしょう。

「経営権をめぐって、会長と社長が争っています」
よりも、
「経営権をめぐって、親子げんかしています」
の方が圧倒的にわかりやすいですよね。

父と娘のけんかであるため、よりわかりやすい。
これが、父と息子ならば、ここまで大きくは取り上げられなかったでしょう。

株式関連のニュースの範囲を超えて、ワイドショー的な見世物として、マスメディアに大塚家具が登場したのは特筆すべき点です。

ニュースの力により、株価の上昇も大きく、直近に比べ、2倍以上に値上がりしました。
(ニュースが出たときに、上昇は1日で終わると予想していたので、今回の動きはいい学びになりました)

これからどんなネタがでてきたとしても、「親子げんか」関連で、株価は2000円を超えないと考えています(すごくいい業績の発表等があるなら、別ですが)


会長の方に非があるのか、社長の方に非があるのかはわかりませんが、どちらにせよ(どちらでもないにせよ)、会社の利益をどんどん放出してまで株式を集めたいのは、大塚家具の社長であることによっぽど大きなメリットがあるのでしょう。


選挙と似ていますね。



週株! TAのイベント投資研究所のYouTubeチャンネル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

feedly(RSSリーダー)を使うと、最新記事を自動で簡単に読むことができます。左の緑ボタンをクリック。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

QLOOKアクセス解析